飽きない壁にするために

 飽きない壁にするために

 どうしても自分だけでやっているプライベートウォールというのは飽きてしまう。それは仕方のないことかもしれないが、なるべく長く使える壁にしたいものだ。

 そこで、提案を。飽きのこないプライベートウォールにするためにどうしたらよいか?

1.お友達を呼ぶ
 クライミングのお友達を招待する。
 できれば、毎週水曜日に集合みたいにして定期的に招待する。

 さらに許されるならば、常時ウォールは開放する。(←これは難しい)

 この常時ウォールを開放というのは、鹿児島のとあるプライベートウォールではやっていて、成果を上げている。

 自分だけで課題をセットすると同じような課題ができてしまって、面白くないのだ。なので、他の人にきてもらって課題を作ってもらうと面白さは倍増する。そして、お互いに課題を作りあったりすると上達も早いと思う。


2.ちょっとホールド代くらい寄付してもらったら?

 前項で、お友達を招待としましたが、できれば1回100円〜500円をご協力頂けるなら、支払ってもらうとよいと思う。前述の鹿児島のプライベートウォールの方は、1回500円、半年2万円くらいを頂いて、ある程度たまったら新しいホールドの購入資金にあてていました。

 そうすることで、ホールドも新しくなりますし、お友達もタダで使わせてもらうといろいろ気をつかいますが、逆にちょっとお金を払うことで、気が楽になるように思います。

 逆に失敗したパターンでは。
最初は無料で考えて、仲間うちで集まって壁を作ろうということになりました。途中でいろいろホールドの購入代などメンテナンスにお金がかかることがわかって、途中からお金を頂くようになりました。と、すると最初は無料って話が有料に変わって、じゃあ使わないって、壁を作り出した途中で破綻したというケースです。

 なので、お金を頂くなら、最初から「ホールド代として使うので」といって了解を頂くのがよいと思います。

 プライベートウォールなので、自分は完全無料でよいと思うならそれはそれでよいとおもいます。


3.定期的なホールド替えを

 半年に1度くらいはホールド替えをして、マンネリ化を打破しましょう。


4.プチコンペの開催

 だんだん仲間が集まったら、コンペの話も出てくるかもしれません。
皆で賞品を持ち寄ってプチコンペなどいかがでしょうか?
住宅だと騒音とか気になりますけどそれが許されるなら、プチコンペも開催してみたいですね。

 

メインメニュー

単管タイプ

フル木造タイプ

クライミングホールド

ホールドの取り付け

その他

リンク集

クライミングジム リバー宮崎
リバーサイドウォール鹿児島
フリークライミング上達法blog
リバー宮崎blog
リバーサイドウォール鹿児島blog
オンラインショップ