課題設定

 課題設定は、非常に難しく、課題を作るプロのセッターさんもいらっしゃるほどです。

 予算が許すならば、プロのセッターさんに頼んでしまいましょう。

PRO-SET さん うちも頼んだことがありますが、素晴らしい課題をたくさん作って頂けます。

 プロのセッターさんに任せると、1日2〜4万円くらいかかります。また交通費、宿泊費は別途なので、地方にお住まいの方は費用が高額になり過ぎます。

 その場合は、自分で課題設定しなければなりません。

標準的な課題設定方法

 営業ジムの場合は、たくさんのレベルの方を相手に商売をしますから、下は8級くらいから上は初段、二段くらいまで課題を作っていきます。

 一番簡単な課題は、ルーフでも使えるような大ガバを右、左、右、左とおいていきます。それで、まず課題を作って初心者向けとします。

 ガバをだんだん甘いかかりのものにしていったり、クロスムーヴを入れたりして、だんだん難易度をあげていきます。

 ジムの場合は、その課題によってお客の入りが変わってくるので、真剣作業になりますが、プライベートウォールならば売上は関係ないので、好きに設定すればよいと思います。

 特に簡単で面白い課題を作るのが難しく、その辺でプロのセッターさんと差がでるように思います。プロのセッターさんが課題設定しますと、簡単なグレードでも面白いムーヴを入れて、とても楽しく登ることができるから不思議です。

 ある一定レベルのセッターさんになりますと、難しい課題を作る場合は、ホールドを悪くして、遠くすればよいので設定は簡単だと聞きました。簡単なレベルの課題で面白味を出すのが難しいのだそうです。


 

二人で交互にホールドを指定しあう

 プライベートウォールでの課題設定としては、一番ありうるのは自分で持てるホールドばかり使ってしまうために上手くならないということが考えられます。
 また、自分の好きなムーヴの課題ばかり作ってしまい、結局飽きてしまうこともあります。
 それを防ぐ方法として、お友達にプライベートウォールまで来てもらいましょう。

1.ジャンケンをする。

2.勝ったほうが先攻。スタートホールドとスタンスを指定します。

3.後攻の方が、ホールドを指定します。

4.先攻の方がホールドを指定。

 3.4.を繰り返します。

 最後にフィニッシュホールドを決めて終了。

 さあ、課題を登ります。あまり回数トライしても新しい課題ができないので、トライは3回まで。場合によってはホールドを変えて簡単にしたり、スタンスを付け加えたりして下さい。3回のトライで登れるか登れないかの課題をたくさん作ってみましょう。

 出来上がった課題で、楽しい課題があったら、マップに落として保存するのもよいと思います。

 この方法ですと、自分以外の人が課題設定に加わるので、マンネリになることはないですよー。

友達に設定してもらう

 これまたお友達をプライベートウォールにお招きして、セッションをするのも面白いと思います。

 お友達と、課題を作りあって、登れるかどうか試してもらいます。お互いに課題を作りあうというのも楽しいです。

 最後にムーヴを教えてあげたり、反省会をするのも上達の近道だと思います。

 様々な方法で、素敵な課題をつくり、プライベートウォールを活用して欲しいものです。


メインメニュー

単管タイプ

フル木造タイプ

クライミングホールド

ホールドの取り付け

その他

リンク集

クライミングジム リバー宮崎
リバーサイドウォール鹿児島
フリークライミング上達法blog
リバー宮崎blog
リバーサイドウォール鹿児島blog
オンラインショップ