単管で組む場合の道具

■プライベートウォールを作る場合、結構大変なのが道具をそろえることだと思います。
これらの道具を全部とはいかなくてもある程度そろえないと壁は建ちません。その辺のコストも組み込んで、プライベートウォールの予算を組んで下さい。
 なお、使うのはインパクトドライバー以外は一回限りですので、借りられるならば借りたほうがよいと思います。

 

必要な道具

・高速カッター

【電動工具】MAKITA(マキタ)高速切断機

【電動工具】MAKITA(マキタ)高速切断機
価格:21,000円(税込、送料別)

RYOBI(リョービ):高速切断機 砥石径305mm C-3050

RYOBI(リョービ):高速切断機 砥石径305mm C-3050
価格:19,058円(税込、送料込)



用途・・・単管パイプをカットします
特徴・・・単管パイプが簡単にカットできます。約1分ほど
注意点・・・切れるときに鉄粉が火の粉になります。大変危険です。
価格・・・ホームセンターで25,000円ほどです。

・ラチェット


用途・・・単管パイプをクランプで繋ぐとき、直行クランプや自在クランプを締め付けるのに使います。あと番線をしめるのにも役立ちます。
ひとこと・・・インパクトドライバーの締め付け用のビットを使う方が作業は何倍も早いです。職人の方はほとんどインパクトドライバーを使っています。ただ し、相当パワーのあるインパクトドライバーを使わないとしっかり締まらないです。狭くてインパクトドライバーを使えない部分だとこのラチェットが必要にな ります。
価格・・・ホームセンターで1000円前後、安売りならもっと安いのもあると思います。

・インパクトドライバー


用途・・・木ねじの締め付けなど
ひとこと・・・インパクトドライバーはホールドの締め付けなどでも大活躍しますので、ちょっといいものを買ったほうがよいと思います。
一番よいのはマキタのインパクトドライバーです。職人さんの使用率が一番高い商品です。
マキタのインパクトドライバーの特徴は、軽くてパワーがあります。バッテリーも大変長持ちです。
しかーーーし、ただ一つの難点は価格が高いこと。だいたい4万円前後します。プライベートウォールを作るのにここまでのスペックが必要なのかはかなり疑問 です。予算に余裕がある方ならば間違いなく買いなのですが、ホールドや部材などで後々に出費がかさみますから、安いものでと言われる方にオススメなのは、 ボッシュです。

 ボッシュのインパクトドライバーの特徴は、重くて、グリップがやや太くて疲れるけどパワーはしっかりあります。長く持つと手が疲れますがどうせ1日や2 日で仕事が終わるなら安いインパクトドライバーで十分です。価格は私が買ったときで2万2000円くらいでした。もっと安いものもあると思います。

 ちなみに海のものとも山のものともつかない聞いたことないメーカーのインパクトドライバーを買うのだけはやめましょう。はっきり言ってお金の無駄です。 パワー不足、バッテリーのもちが悪いなど難点があり、結局高いインパクトドライバーを買うことになりますので。

丸のこ

日立工機:丸のこ【本体のみ】 190mm C7BB3(N)

日立工機:丸のこ【本体のみ】 190mm C7BB3(N)
価格:18,480円(税込、送料込)



用途・・・木材、コンパネを切断する。
特徴・・・木材、コンパネを超素早くカットできます。180センチもコンパネを手ノコで切ったら日が暮れます。
ひとこと・・・壁作りでは大活躍する道具なので、ぜひそれなりのスペックのものを用意しましょう。私はマキタの丸のこを使用しています。斜めに傾斜をつけて切断できるタイプのものがよいです。


・グラインダー

マキタ ディスクグラインダー 9535B【smtb-k】

マキタ ディスクグラインダー 9535B【smtb-k】
価格:14,847円(税込、送料込)

マキタ 100mmディスクグラインダー 9533

マキタ 100mmディスクグラインダー 9533
価格:9,660円(税込、送料別)



 最後の仕上げに使用します。コンパネの角を丸めて、腕などをぶつけてもケガしにくくするなどです。
 通常は金属の切断、金属製品の研磨などに使いますが、クライミングウォール作りで使う場合は、紙やすりが連なったようなグラインダーの歯を使います。
 グラインダーを使う際は、防護メガネ、マスクなどを使用しましょう。木材を研磨中にクギなどに歯が触れたりしますと火花が出ますので大変危険です。注意しましょう。

メインメニュー

単管タイプ

フル木造タイプ

クライミングホールド

ホールドの取り付け

その他

リンク集

クライミングジム リバー宮崎
リバーサイドウォール鹿児島
フリークライミング上達法blog
リバー宮崎blog
リバーサイドウォール鹿児島blog
オンラインショップ